河川点検

このページは、岡山の多くの人たちに、自らの身を守る方法の一つとして、日ごろから関心を持っていただきたい水理の基礎知識を お知らせしています。

ダムから1級河川に、放水された水は、各支流に流れ込みます。 また反対に、海から高潮・津波などで1級河川に、侵入する水もあります。 これを防ぐために、各1級河川に設けられている、ダム・水門・堰・樋門・樋管・陸閘門は。国土交通省または、農水省が管理しています。 また、発電のために、設けられたダムは、中国電力が管理しています。

岡山県の3代河川(1級河川・旭川・吉井川・高梁川)の堰、樋門、水門の位置と情報をご覧いただけます。

1級河川は、主に国が管理し、2級河川は、主に県が管理、その他の支流および用水を市が管理しているようだ。 しかし、国は、国土交通省と農林水産省が管理、県は、港湾課・土木課などが管理、市は、ポンプ場・排水機場などと、 縦割りの弊害として、責任分離点がはっきりしないため完璧な資料を掲載できないことは、非常に残念なことです。

最終的には、地元に住む地域住民の、対応にゆだねるしか方法がないのだろうか?・・・